2008年12月23日

師走の風景

fat-legs-0812.jpg
田舎では珍しくもないが、街中に住んでいると漬物用の大根を干す光景を目にしない。御多分にもれず私も干す場所に苦労する。それでも大根漬けのない正月はさみしい。八百屋で「10本位欲しいのだけど」と言えば、大抵「えっ」という顔をされてしまう。ところが大根10本と他にキャベツ3個程加えても意外に大した量でもないのだ。10日もすれば、塩の力で随分水気を吐き出してしまうので、驚くほどかさが減る。

今年は大根を縦に吊るしてみた。山形の友人が見つけてくれたクリップが大活躍。 元々軸が短くて吊るしにくい柿用に開発されたらしい。小さいクリップが柿の10倍以上の重さの大根をしっかり掴んでいて頼もしい。問題は漬け込んだ容器を置く発酵に適した、風通しの良い日陰の寒い場所だ。冷蔵庫ではうまく行かないのだ。
posted by TERADA Mariko at 16:29| 日記