2008年05月23日

坪文子のパーフェクトな世界に憧れて

IMG_1170-3.jpg

クールで筋の通った彫金作家の坪文子氏は、私の尊敬する憧れの存在であります。傍にいると、制作に対する厳しさがヒシヒシと伝わってくるのです。この度、堺市の画廊「花みつ」に於いて開廊20周年記念の一つとして「坪文子+寺田眞理子」展を企画して頂きました。私としては一つの夢の実現となりました。彼女の硬質な妥協を許さない世界を引き立てるべく胸を借りるつもりで、歴然とキッチュな世界を隣り合わせてみました。名づけて「ENTOURAGE/私の側近たち」シリーズです。どうぞご覧下さいませ。
画廊花みつの地図など詳しくは、スケジュールの頁で。

2008・5月・30日(金)まで。
11時AM〜5時PMまで。
月曜日は休廊です。

画廊花みつ
堺市西区浜寺昭和町4丁479番地
T&F 072−261−0160

南海本線和歌山行き、浜寺公園駅下車、徒歩2分

坪文子さんの在廊日は、24日(土)25日(日)30日(金)
寺田眞理子の在廊日は、23日(金)27日(火)30日(金)

耳寄り情報
坪と寺田のイニシャル「T+T」の刻印のある「糸巻き」の形のピンブローチが特別に制作されました。もちろん坪文子氏によるもので、会期中限定10個。残りわずかです。
TSUBO-TERADA.jpg



posted by TERADA Mariko at 10:35| 日記